PCメガネ 効果

ブルーライトは睡眠障害の原因?PCメガネで防ぐことはできるの?

オフィスで働くの多くの方は、1日中PCの画面を見続けているケースは多いと思います。また、最近ではスマートフォンやタブレットが加わり、外出先でも移動中でもディスプレイを眺めているという方も多いとのではないでしょうか。

細かいものや、注視して見続けたりする事で当然の事ながら目が疲れてきます。その他にもPC等のディスプレイが発光されるブルーライトも原因のひとつといわれています。

このブルーライト、実はたくさん見続けると、睡眠障害の原因になるとの調査結果が出ているのです。

当ページでは、ブルーライトの与える影響と、その対策についてまとめています。

ブルーライトは目の疲れの大きな原因のひとつ

ブルーライトとは、400nm前後の領域にある青色の可視光線のことです。太陽光や蛍光灯、白熱灯などにもブルーライトは含まれます。

また、ここ数年で普及している白色LEDには、同じ強さの光でもブルーライトが含まれる量が多くなっています。

ブルーライトは光が網膜にまで到達して疲れ目やかすみ目やドライアイといった原因を引き起こす可能性が高いといえます。

パソコンやスマートホンなどでは、LEDバックライトを採用しているディスプレイが多い為、目の疲れの原因が最も多いともいえます。

この様な原因をすこしでも軽減する為に登場したのがPCメガネです。発売当初はブルーライトをカットできるメガネとして一大ブームを巻き起こしたくらいです。パソコン等で目の疲れが気になる方は一度検討してみても良いと思います。

ブルーライトのせいで睡眠障害を引き起こすことも

パソコン等で作業している時に感じる目の疲れの原因のひとつに、ディスプレイから発光されるブルーライトが影響している事はわかったと思います。

ブルーライトの影響は目の疲れだけでなく、夜間に長時間浴び続けると睡眠障害を引き起こす恐れがあるという調査結果もあります。特に就寝前にインターネットに夢中になってしまう方も注意が必要です。

この様な影響を少なくするためには、ブルーライトの影響を少なくすることが重要です。ブルーライトさえ対策してしまえば、ある程度目の疲れ等を軽減する事ができます。

では、どの様な方法で予防すれば良いのでしょうか。一番良いのはパソコンやスマートホン等の使用をやめる事ですが、なかなか難しいですよね。

そこで、普段から簡単に対策できる方法が、PC用メガネで眼を保護する方法です。PCメガネは、ディスプレイを見続ける機会が多い現代人のために開発されたメガネです。

特殊なレンズで青い光を反射して、目に入る青い光の量を下げる効果があります。

睡眠障害の原因とされるブルーライトをカットしたり、目や体に有害な紫外線を遮断する事で、目への負担を軽減してくれます。

実際、使用していない場合に比べて目に与える影響を50%以上も軽減できるともいわれていますので、やはりパソコン等を使用する時にはパソコン用メガネを使用した方が得策といえます。

PC用メガネは種類も豊富で価格もお手頃

PCメガネの必要性についてはわかったと思います。では実際にどういった眼鏡が販売されているのでしょうか。

各眼鏡メーカーから販売されているのですが、基本的な構造についてはほとんど同じです。使用するレンズにはクリアレンズとブラウン系の色味の掛かったレンズが採用されています。

以前ですと、「ブルーライトをより多くカットするのは色付きレンズ」「見栄えを気にするならば透明レンズ」といわれており、色味の掛かったレンズの方がブルーライトの遮断率は高いと言われていました。

しかし最近ではクリアレンズでありながら、ブルーライトカット率はが高い商品も作られ始めてきています。これならビジネスシーンにおいても気兼ねなく利用できます。

また、度ありの物も販売されていますし、カスタマイズで変更する事も出来ますので、視力が悪くても良くても使用する事ができます。

そして使用する際に注意したいのが、カラータイプはもちろん、クリアタイプのレンズでも、パソコン用メガネを通してディスプレイを見ると多少色が変わって見えてしまうという事です。

しかし使用していればすぐなれる程度の違いですので安心です。ただし仕事柄、色の確認を求められるケースでは注意が必要となります。

目のチラツキにはPCメガネが効果的?自律神経の乱れを防いで健康に

ずっとパソコンで作業をし続けていると、目がチカチカしたり、光を辛く感じるときはありませんか? それは長時間のパソコン作業で眼球の筋肉が疲れてしまっているのかもしません。

そんなとき、PCメガネをかけると、目のチラツキをやわらげてくれるという声を多く聞きます。調べて見ると、目のチラツキ以外にも、自律神経の乱れ、筋肉の緊張、腰痛や肩こり、また睡眠障害や顔のシワの予防にまで効果がある可能性があるのです。

ここではPCメガネをつけることでどんな効果があるのかをまとめてみました。

PCメガネで目のチラツキ・疲れ防ぐ

PCメガネをかけると、パソコンの画面のチラツキがなくなります。そのチラつきはとても目にストレスを与えて、結果、目が疲れやすくなるのです。チラチラすると目がそのチラチラ感を何とか正常なものにしようと考え、目についつい力を入れてしまうことになります。文字が見えにくいから目を細めたり、力を入れてしまっては疲れてしまうことに繋がるわけです。

又、特有の画面のブルーライトのまぶしさも、目をより疲れさせてしまうところなのです。眩しくて文字が見えにくいからピント調整をしようと眼球が頑張ります。その頑張りが、より目を疲れさせてしまうことに繋がるわけです。

そのブルーライトは脳にも刺激となってストレスを与えます。脳が疲れたと感じれば、目が正常に物事を見ることが難しくなり、よりしっかり見たいと目に力が入って疲れを増すことになるわけです。

PCメガネにはそんなブルーライトを大幅にカットできる効果があります。カットできるからまぶしさを感じることもなく、チラツキも軽減できるから、目の疲れも軽減されるわけです。

メガネのレンズもクリアレンズタイプが出ていますから、画面をよりそのままの色で見ることができます。ストレスなく掛けることができて便利です。

PCメガネは自律神経系の乱れを防いで体調不良も防げる

パソコンや携帯の画面から出る特有のブルーライトというものは、実に自律神経系を刺激します。刺激しては乱し、その乱れによって体調不良となって表れてきます。体を緊張させてしまうこのブルーライトは、首から肩、背中から腰にかけて緊張させては痛みを及ぼします。

画面がちらつくから、余計に体に力が入り、筋肉を緊張させることにもなります。画面をよく見ようと姿勢まで悪くなり、より肩コリや腰痛を悪化させることにもなります。

緊張は骨盤周辺の筋肉も低下させてしまうことになり、より良い姿勢を保つことが難しくなってしまいます。

でも、そのブルーライトを大幅にカットできるPCメガネを掛ければ、自律神経も乱れることを軽減でき、体の緊張も軽減することができます。結果、肩こりが酷くなることもなく、骨盤周辺も低下させずに正しい姿勢でパソコンのキーボードを打てるようにもなります。

姿勢が良くなれば猫背になることもありませんし、腰痛や肩こりを予防することもできます。

姿勢が悪いと胃を圧迫することにもなり、食欲不振や不快なゲップが出たりもします。便秘になりやすく、それによって顔に吹き出物が出てしまうことにもなります。

これらの症状がより目の疲れを加速させることにもなります。PCメガネは、健康をも考えた機能的なメガネなのです。

睡眠障害や顔のシワの予防も!?

目を疲れさせる原因のブルーライトは、どうしても仕事をする人にとっては長時間画面を見ては浴びてしまうことになります。その長時間ブルーライトを浴びると、睡眠障害を招く恐れがあります。脳が明るい光りを浴びた状態が長かったために、リラックスできない興奮状態に陥るわけです。

その興奮が深い眠りにつけない睡眠障害につながり、余計に目が疲れることにもつながってしまうわけです。快適な睡眠ができなければ、目をしっかりと閉じては休めることができません。すると、目の機能がしっかりと回復しないままブルーライトの酷い画面を見ることになり、余計に目が疲れてしまうことになるのです。

その目の疲れが重なれば頭痛を起したり、吐き気という症状が出ることもあります。体調不良となって表れ、生活に支障をきたすことにもなります。常に具合の悪い状態が続き、食事もままならず、栄養不足になります。その栄養不足は目の疲れをしっかりと改善できず、結果、慢性的な眼精疲労にもつながってしまうわけです。

PCメガネならそんな症状をさけることができるように、優しい光に変えてパソコンや携帯画面を見ることができるようになります。

目が疲れれば目の周りの血流も悪くなりますから、シワができやすくなります。それをこのメガネで防ぐことができるのも魅力的なところです。

PCメガネをかけると視力は低下しなくなる?

12時間ぶっ続けでパソコンに向かって作業をした後の、視力の低下具合を比較してみました。私の元々の視力は、裸眼で右目2.0。左目2.0です。視力検査には、ネット上でテストができる以下のサイトを使用させていただきました。

視力検査 – しりょくけんさ (視力検査表)
http://ider.net/eye.html

パソコン作業前 パソコン8時間使用後
PCメガネなし 2.0 1.2
PCメガネあり 2.0 1.5

結果は、メガネなしのときは1.2に対し、メガネをつけたときは1.5! メガネありのときのほうが視力の低下が見られない結果になりました。

確かに、PCメガネを使っていないときは、12時間の作業後、視界が白くぼやけて見えました。物のりんかくがぼやぼや~っとして、小さな文字が見づらかったです。

PCメガネを使ったときは、かけていないときに比べてはっきりと見えました。流石に 12時間続けて作業すると、たしかに視界は少しぼやけて見えるものの、ある程度の小さな文字であれば問題なく読めました。

文字の見え方の比較イメージ

長時間パソコン作業をし続けたとき、たまに、目を細めないとまともに文字を読めなくなるときがあります。PCメガネのおかげでそうした心配もなくなったので、どうしても作業を続けたいときに役立ちそうです。

また、スマホで文字を読むときにとても役立ちそうです。スマホは画面が小さく、パソコンと比べて文字も小さいので、私は視界がすこしでもぼやけるとまともに文字が見えなくなってしまいます。特に、寝る前にスマホでネットサーフィンをするときに、重宝しそうです。

PCメガネをかけると目が充血しなくなる?

目が充血しているということは、イコール目が疲れているということです。長時間のパソコン作業などで目が疲労すると、回復させるために、体は目にたくさんの酸素を送り込みます。酸素をたくさん流すために、血管を広げるので、目が赤く充血するそうです。

ここでは、12時間パソコンをぶっ続けで使用したあとの、目の充血具合を比べてみました。PCメガネをかけていないときは充血していましたが、PCメガネをかけたときは使用前とあまり変わらない状態でした。

PCメガネなしでパソコンを使用しているときは、モニターの光がまぶしく、じっと見つめていることが辛かったです。かけていると、光がかなり軽減されて、普通に見られるようになりました。目がしばしばすることもありませんでした。

PCメガネなしのときは、作業 8時間を超えた頃から目の奥に痛みを感じるようになりました。白目の充血もその時から始まっていました。PCメガネをかけたときも、流石に目は疲れていましたが、かけていないときよりはかなり疲れが緩和されていたように感じました。

なぜ目は充血するのか

身体と同じように、目も疲れてくると、回復のために酸素や栄養を多く必要とします。そして、酸素や栄養をたくさん運ぼうと、目の血流量が増えて血管が膨らみます。

引用:目薬と目の健康 – 充血のしくみ|参天製薬:ひとみすこやか.com

PCメガネをかけるとぐっすりと睡眠できるようになる?

PCメガネをかけたときとかけていないときで、寝起きのすっきり感に違いがあるか、試してみました。PCメガネをかけたときは、かけてないときに比べてあっさりと目が覚めたように感じました。

私は、パソコンを長時間使っていると、途中から頭痛に悩まされます。しかし、PCメガネをかけているときは、頭痛がかなり軽減されました。これも、すんなりと眠りに入りやすくなった要因じゃないかと思います。

PCメガネをかけたときとかけていないときで、その効果を試してみましたが。予想以上に大きな変化があったように思います。

もちろん、人によって効果に差はあるかと思いますが、私はかなりパソコン作業での負担が減ったと感じています!特にありがたいのは、長時間作業しても文字がぼやけて見えないことでした。

目の疲れが軽減されたことで、仕事の効率もあがったようにも思えます。日頃からパソコン作業が多い私にとっては、良い投資になったと感じました。