PCメガネ 見た目

普段使いできるPCメガネ一覧!透明レンズで見た目はまるで普通のメガネ!

PCメガネは、ブルーライトをカットするため、黄色や青色っぽいレンズを使っているものが多いです。自宅や仕事や使っているときは、そうした色付きのメガネでも良いかもしれませんが、人前で使うのにはちょっと抵抗がありますよね。

しかし、販売されているPCメガネの中には、ほとんど普通のメガネと変わらない見た目のPCメガネもあるんです。

ブルーライトカット率によってレンズの色が違う


カット率によるレンズの見た目 参考:【ブルーライトカット・PCメガネ】JINS SCREEN | JINS – メガネ

上の画像は、ブルーライトをカットするレンズを比較したものです。ブルーライト(目の疲れに影響をあたえる光)のカット率が高いメガネだと、色味が強くなる傾向があります。

カット率が高いと、目の疲れや頭痛を軽減する効果が高いと言われていますが、レンズが茶色や青っぽく見えてしまいます。なので、普段使いのメガネには、カット率が低いものを使うのがおすすめです。

このページでは、普段使いできるほど透明に近いレンズを取り扱っているメガネブランドをまとめています。日常でずっとかけ続けられるPCメガネが欲しい方は参考にしてみてください。

自然な見た目のPCメガネ販売ブランド一覧

自然な見た目のPCメガネを販売しているブランドは、Zoff(ゾフ)、JINS(ジンズ)、ALOOK(アルク)の 3店舗です。各ブランドの特徴は下の表をご参考ください。

※スマホの方は、表を右にスライドしてご覧ください

ブランド カット率 価格 種類数 特徴
36%
~50%
3,240円
~12,960円
1,000種類以上 ・フレームの種類が多い
・自然な見た目のPCメガネが多い
・日頃からずっとかけていたい人におすすめ
13%
~65%
4,212円
~19,440円
750種類以上 ・ブルーライトカット率が 13%~65%と幅広い
・種類、価格、カット率ともに高いおすすめブランド
・特に仕事でパソコンを使う人におすすめ
32% 2,550円
~24,840円
2,700種類以上 ・フレームの種類がとても多い
・見た目が自然なメガネが多い
・ファッション性を重視する人におすすめ

普段使いとして使いたい人には、見た目が自然な「Zoff」が特におすすめです。

仕事でパソコンを使う機会が多い人には、カット率の高いメガネもある「JINS」がおすすめです。

ファッション性を重視したい人には、「ALOOK」がおすすめです。

普段使いのPCメガネにはカット率25%のレンズを使うのがおすすめ

普段使いできるような透明なレンズのPCメガネがほしいなら、ブルーライトカット率が低いメガネを選ぶと良いです。

ブルーライト(目の疲れに影響をあたえる光)のカット率が高いメガネだと、色味が強くなる傾向があります。カット率が高いと、目の疲れや頭痛を軽減する効果が高いと言われていますが、レンズが茶色や青っぽく見えてしまいます。

私が調べた中では、ブルーライトカット率 13%~65%まであり、25%までは普通のメガネとかわらない見た目だなと感じました。日常で使うなら、カット率25%以下のレンズを選ぶのがおすすめです。

ブルーライトカット率による見た目の違いについては、こちらの記事も参考にしてください。

>>PCメガネを普段使いしたり、外出時にかけても問題ない?変に思われない?

PCメガネはダサい? かっこ悪い?

PCメガネを買おうか悩んでいる人の中には「PCメガネはダサい? 恥ずかしくない?」といった不安を抱く人が多いようです。実際はどうなのでしょうか。

PCメガネは普通のメガネと見た目がほぼ同じ


普通のメガネとPCメガネの比較画像 参考:JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)

普通のメガネとPCメガネのレンズの色を比較すると、PCメガネは若干青みがかっていますが、そんなに大きな違いはないです。じっくり見られるとPCメガネだとわかりますが、遠目では判別できないほどです。

PCメガネのレンズには薄茶、淡青など色の種類がありますが、淡青の透明レンズを選べば、かなり自然な見た目になります。ぱっと見では分からないでしょう。人目を気にして、外出するときにいちいちはずす必要もなさそうです。

最近だと、PCメガネも普通のメガネの見た目に近づけて作られるようになっています。眼鏡に詳しい人であったり、ファッションにとても敏感な人でないと、普通のメガネと区別できないほどです。大体の場合見た目には違和感はないでしょう。

意外とPCメガネを気にする人は少ない

Yahoo!知恵袋などの質問サイトや、実際にかけている人のブログの回答を見ると、PCメガネをかけていることを気にしている人は少ない傾向があります。もしPCメガネをかけていると気付かれたとしても、特に問題はないでしょう。

眼鏡に詳しいか、強い関心がある人なら、PCメガネだと分かるかもしれませんが、それ以外の人には分からないですね。まあ、分かったところで、何か特別な感想を持つこともありませんよ。

引用:Yahoo!知恵袋

若干黄色くみえるようなー。店員さんに聞いたところクリアレンズでも『2%』は色が入っているとのこと。レンズの見た目では全然わからないし、普通にPCでインターネットしたり文書見る分にはまったく気にしないというか気づかない人もいるだろうレベルです。

引用:Cappee Design 様

質問者:パソコン用眼鏡を普段もしているのってダサいですか?この前眼鏡の色で、パソコン眼鏡だとばれてしまいました。

回答者:パソコン使用時に効果があるということで、パソコン専用ではなく、それ以外で使用してはダメということではありません。伊達メガネでいいんじゃないですか。私はレンズの色でわかったというより、フレームのデザインでわかったと思いますよ。おそらくその人も同じものを使っているか、購入を検討したことがある人だと思いますよ。

引用:Yahoo!知恵袋

かっこいい人がかければ普通にかっこいい

JINS PCメガネのCMです。櫻井翔くんが出ています。まあ、普通にかっこいいです。CMを見ている限りでは、PCメガネだと言われない限りは気付かないほどです。

櫻井翔 J!NS PC TV CM「かければ、わかる。」篇(30秒)

PCメガネも販売されてからだいぶ年数が経ち、浸透してきているので、特別気にかける人も減ってきています。普通のメガネを買う感覚で買ってみましょう!

PCメガネを普段使いしたり、外出時にかけても問題ない?変に思われない?

「PCメガネを普段使い、外出時にかけるのは恥ずかしくない?」
「ずっとかけていて目に悪影響はない?」
「色がついているから見づらくて危険じゃないの?」

といった不安をよく聞きます。PCメガネはパソコンを使うときにかけるもの、家の中で使うものというイメージが強いので、普段使いのメガネとして使ったり、外にかけていくのに抵抗を持つ人は多いはずです。

このページでは、そんな疑問を解消するため、普段使いとしてや、外出時にかけてもダサいと思われないか、目に悪影響はないか、歩くのに問題はないかを調べてみました。

ブルーライトカット率が低いPCメガネだと、普通のメガネと見た目がほぼ同じ


普通のメガネとPCメガネの比較画像 参考:JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)

上の写真は、それぞれPCメガネと普通のメガネをかけたモデルさんの写真です。どちらがPCメガネか分かりますか?

実は、左のモデルさんがPCメガネをかけているんです。あなたは見分けがつきましたでしょうか。

最近だと、PCメガネも普通のメガネの見た目に近づけて作られるようになっています。眼鏡に詳しい人であったり、ファッションにとても敏感な人でないと、普通のメガネと区別できないほどです。

といっても、ブルーライト(目の疲れに影響をあたえる光)のカット率が高いメガネだと、色味が強くなる傾向があります。

カット率が高いと、目の疲れや頭痛を軽減する効果が高いと言われていますが、レンズが茶色や青っぽく見えてしまいます。私が調べた中では、ブルーライトカット率 13%~65%まであり、25%までは普通のメガネとかわらない見た目だなと感じました。


カット率によるレンズの見た目 参考:【ブルーライトカット・PCメガネ】JINS SCREEN | JINS – メガネ

25%でもレンズは若干青みがかっていますが、普通のメガネとそんなに大きな違いはないです。じっくり見られるとPCメガネだとわかりますが、遠目では判別できないほどです。

普通に歩いていて、すれ違った人に「あ、こいつPCメガネだな」と気づかれることはまずないでしょう。

また、PCメガネのレンズには薄茶、淡青など色の種類がありますが、淡青の透明レンズを選べば、かなり自然な見た目になります。ぱっと見では分からないです。

日常使いしたい方は、ブルーライトカット率 25%以下の淡青レンズがおすすめです。

PCメガネの見た目についてもっと深く調べてみました。PCメガネはダサいんじゃないか……? と不安に思っている人は読んでみてください。

>>PCメガネはダサい? かっこ悪い?

目に悪影響はなし。むしろ、日常的にかけた方が良い

長時間かけていても、特に目に悪影響はありません。PCメガネを使う人は、PCを常に使っているオフィスワーカーに多いですが、そういった人たちは仕事で 8時間以上はかけ続けています。PCメガネをかけ続けて体調が悪くなった、視力が低下したという話は聞きません。

中には「PCメガネをかけたらかえって目が疲れた」という人もいますが、これはメガネをかけ慣れていない人がかけ始めたためだと思われます。普段メガネをかけない人がかけると、変にメガネを意識してしまい、疲れを感じたり、肩がこったりします。ただ、かけ続けていれば慣れて、そういった疲れも次第になくなります。

PCメガネは、できれば常にかけ続けていたほうが目に負担が少なくて良いです。PCと同じく、スマホでもブルーライトは出ています。特に、普段スマホを多く使っている人におすすめです。

見え方はちょっと色がついている程度

見え方は、ちょっと青みがかって見える程度で、普通のメガネと大差ありません。外でかけていても問題はなさそうです。ただ、見た目が重要な仕事、また色を見分ける必要のある仕事ではPCメガネをかけないほうが無難です。

例えば下記のような仕事をする際には、PCメガネを外しておいたほうが良いでしょう。

・対人での職業(営業、受付、接客業、教師など)
透明レンズのPCメガネでも多少色がついているため、見栄えが悪くなります。見た目に敏感な人であれば感づいて印象が悪くなる可能性があります。

・色彩感覚が重要視される職業(デザイナー、カラーコーディネーター、美容師、工場で検品)
透明レンズのPCメガネでも多少色がついて見えるので、色を扱う仕事、色で商品の質を見るような仕事をする際には不向きです。

PCメガネは外出時にかけていても問題なし!

見た目も普通のメガネとほとんど変わらず、目に悪影響もありません。外出する際に、いちいちメガネを外す必要ないです。PCでの作業が多い人は、度入りレンズのPCメガネを普段使いのメガネとして使っている人もいるので、変にPCメガネを気にかけずに、気軽に使ってみてください!

普段使いのPCメガネをまとめました。日常で使いたい方は参考にしてください
普段使いできるPCメガネ一覧!透明レンズで見た目はまるで普通のメガネ!